生活費が足りない月の過ごし方

  • 投稿日:
  • by

 女性が結婚して子供に恵まれるとなかなか仕事が出来ませんよね。特に子供が小さい間はなおさらのことです。子供は熱を出したり、病気になったりしますし、そうなると保育園にも入れていられない。大体どこの保育園でも熱が37.5以上、38度以上になると保護者に電話をして子供を迎えに来るように連絡します。子供ってすぐに熱を出しますから、そうなると本当に働いてなんかいられない!!これが小さなお子様を持つ母親の本音なのではないでしょうか。働きたくてもなかなか働けないものなのですよ、女性は...。

 

女性の一生はこんな具合ですから、よほど働く環境に恵まれて一生同じ仕事、同じ分野の仕事に付ける人はラッキーです。でも大抵の方は人生の節目節目、結婚や出産で仕事を一端辞められる方がほとんどです。子供が小さいうちはそれほどお金もかからないかもしれませんが、でもそんな子も小学生、中学生となっていくとどんどんと出費もかさむものです。お金っていくらあっても困りませんけれど、ないと本当に困りますよね。

 

家の中でお財布を握っているのは女性それも母親の場合が多い。家計がきつくて、予想外の出費がかさんだときはどうしましょうか。そんなときに仕事をしていない専業主婦の方でもお金を一時的に少しだけでも借りられると本当にありがたいですよね。そんなピンチの時にはこれの案内→ 専業主婦でもお金借りられるところはココ!

専業主婦の方はお仕事をされていない方がほとんどですから、お金を借りるとしても少額にしておきましょう。そうでないと...、返済に追われることになります。忙しい毎日を送っていらっしゃるでしょう専業主婦の方はお金の返済追われるとしたら...子育てや家族にも悪影響しそうです。そんなことにはならない様に、計画的にお金を借りるようにしましょう!たとえ生活費が足りなくなりそうだとしても、お金をたくさんかけないでも楽しめる方法はいくらでもあるはずです。大切なのは想像力...、かな?

毎日の生活の中で必ず考えることは生活費です。豊かな生活をしたいのなら、しっかりと貯金をしたいのなら、給料をもらった時点で、収入があった時点で、天引きして生活費もしくは貯金額を引いておくことです。貯金をすることと念頭に入れて生活費の事を考えると貯金まで手が回ります。これが反対で、生活費が余ったら貯金をしよう、と思っていると貯金はなかなかたまりません。何でも計画的に、自分のお金の使い方を客観視して貯金の事を考えましょう。

 

ですが、生活費は毎月同じとは限りません。例えば年末に向かう今からの時期は忘年会、そして年が明けてからの新年会など普段ではないような出費が重なっていく...、そんなこともあると思います。更に予想外の出費、というものも結構あるものです。例えばどなたか亡くなられた、や親戚や友達の結婚式で...などなど。このような事に備えて、あらかじめ天引きする金額をある程度、余分に確保しておきたいものです。一番大切な事は余ったら・・と思わないことです。お金を確保したいのならまず最初に天引きしておくこと、です。

 

でももし、予想外の出費が重なってしまい生活費がなくなってしまったら...。人がまず思うことはお金を借りることです。お金を借りたいのなら親戚や友達に借りるのも良いでしょう。一つ気を付けなければいけないことは金融会社からお金を借りることです。今や本当に簡単にお金が借りられます。審査にもほとんど時間がかかりませんし、お金を借りる場所は町中にたくさんありますし...。近頃では銀行の中に特別にキャッシュマシーンが出来ていて、そこでお金を借りることも可能です。お金を借りることに違和感がなくなり、ハードルが低くなりました。でもお金を下院誘拐者から借りるという事は、必ず利子が付くもの。それを忘れないようにしてください。もし本当にお金を借りなければいけない状況になったら...。無理しないでも返せる額を信頼のおける金融会社で借りるようにしましょう。

収入から生活費を確保する

  • 投稿日:
  • by

毎日の生活をするうえで絶対になくてはならないもの、それはお金。そう、生活費です。これがないと誰一人として生活できない!生活はどれほど忙しくても、どれほど気分がふさいでいても続けなくてはならないもので、この生活がしっかりと機能していないと精神障害を起こす可能性もあるのだそうです。これはあるお医者さんが実際に本の中で書かれていることで、しっかりと生活することが健全な精神へとつながる。だからしっかりとした基本的な生活をすることは豊かな人生を送るうえでとても大切な事、だと。この「しっかりとした基本的な生活」とは例えばちゃんと3食食べる、とかしっかりと寝る、運動をすることやストレスを溜めすぎないこと...、が含まれます。でも、これらのことをするうえでやはり資金面もしっかりとしておかないと豊かな生活は出来ませんよね。

 

ではあなたが一か月生活するうえでいったいどれくらい生活費として使っているかご存知でしょうか。こう聞かれて、すぐに答えられる方は普段の生活からしっかりと金銭管理をしていらっしゃる方です。大抵の方は、例えば家賃や光熱費くらいは答えられても、詳しい生活費の内訳を答えることが出来ないでしょう。ここが肝心で、自分が一体いくらくらい生活費に使っているか分かれば、現在毎月している貯金の額よりももっとその金額を増やすことが、もしかすると可能かもしれませんよ!?

 

大切な事はまずお金が入った時に貯金する分をあらかじめ抜いておいて、そこから生活費を考えることです。生活費の大体の金額を決めておいて、そこから大幅にずれないように生活すればいい。それには小さな目標と大きな目標を決めておくとうまくいくでしょう。節約するとしてもいつも節約ばかり指定いるとしんどくなってくるものです。ですから、「OOO貯まったらおいしいレストランに行こう」など小さな目標を決めてそれをモチベーションしましょう。そして大きな目標では「O年後にOOOをする」というような決め方が良いでしょう。これなら生活費を確保したうえで、豊かな生活のためのお金を貯金分のお金を確保できそうです。